NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 募集要項 審査員(随時追加) セミナー 表彰式 WHFS(準備中) eiga worldcupとは お問合せ



eiga worldcup という大会について
私たちは、高校生の自主制作映画の全国コンクールである「高校生のためのeiga worldcup」を開催しています。もともとは高校生映画コンクール通称「映画甲子園」を安定的に運営するための組織として、NPO法人映画甲子園が作られました。

この高校生の映画コンクールは、2006年に他の団体が始めたものですが、諸般の事情があり安定した運営が行えない状況となったので、この事態を救済するために有志が集まり、安定して大会運営を行うための専門組織として私たちのNPO法人が作られました。

ところが私たちとは別のところで「映画甲子園」という商標が登録されてしまう事態が生じましたので、私たちは新たに「eiga worldcup」(エイガワールドカップ)という商標を登録し、この大会名で現在も安定して高校生の自主制作映画の全国コンクールを行っています。「NPO法人映画甲子園主催高校生のためのeiga worldcup」という長いタイトルになってしまい申し訳ありません。

このような状態ではありますが、今年も全国の多くの高校から優れた作品が集まりました。
その作品を審査する方々も日本アカデミー賞受賞などの力のある映画監督や脚本家、美術監督、編集ディレクター、テレビ局エグゼクティブプロデューサー、映画音楽の作曲家などなど国際映画祭並みの総勢25名の審査員が、応募締切後2か月かけて審査をおこない、すべての応募作品について、作品ごとに審査のコメントやアドバイスメールを送付しての個別指導を行い、表彰式終了後には、入選作品に対しても第二次審査員全員からのアドバイスメールを送付しています。

また多くの組織、団体、企業の方々から協賛や後援をいただけるようになりました。
公的な組織、団体である総務省、日本ケーブルテレビ連盟、認定NPO法人地域産業おこしの会などから後援、協賛をいただき、日本芸術文化振興会からの助成も決まっております。
株式会社ジュピターテレコムをはじめとする企業協賛の数も増えて、大会運営の安定化が進み、また数多くのメディアでも取り上げられ、社会的評価も高くなってきたと思います。
さらに他映画祭(フランス高校映画祭、みゆき野映画祭in斑尾〜北欧・日本国際短編映画祭〜、早稲田映画まつりなど)との協賛、連携を得るなど、確実に活動の輪も拡がってきています。

これからも「NPO法人映画甲子園主催高校生のためのeiga worldcup」(エイガ ワールドカップ)を毎年開催していきますので、NPO法人映画甲子園=エイガワールドカップと覚えていただき、学生諸君には良い映画の応募を!皆さんには暖かいご支援をお願いいたします。

2016年12月
特定非営利活動法人映画甲子園
理事長 白川洋次郎
PAGE TOP ▲