古厩氏 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 応募(募集要項) 審査員(随時追加) セミナー 表彰式 WHFS(準備中) eiga worldcupとは お問合せ



古厩智之氏が自由部門第二次審査員(監督担当)に決定!



古厩智之氏のプロフィール

映画監督

1968年、長野県塩尻市生まれ。日本大学藝術学部卒。

1992年『灼熱のドッジボール』でPFFグランプリ受賞。1995年に『この窓は君のもの』で長編デビュー。同作で第35回日本映画監督協会新人賞を受賞。『まぶだち』(2001年) で、ロッテルダム国際映画祭タイガーアワード(グランプリ)と国際批評家連盟賞をダブル受賞、『さよならみどりちゃん』(出演/星野真理 西島秀俊 2005年)では、ナント三大陸映画祭・銀の気球賞(準グランプリ)を受賞。代表映画監督作は『ロボコン』(2003年)、『さよならみどりちゃん』(2005年)、『奈緒子』(2008年)、『ホームレス中学生』(2008年)、『武士道シックスティーン』(2010年)、『『また、必ず会おう』と誰もが言った。』(2013年)、『無花果の森』(2014年)。最新作は、めーてれTVドラマシリーズ『サチのお寺ごはん』(2017年)。

『武士道シックスティーン』予告編
『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』予告編

以下は一昨年の「eiga worldcup2016」における古厩智之氏
「eiga worldcup2017」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲