「君が君で君だ」試写+トークショーin 米子高専

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー決定! 応募〆切日は9月20日から10月1日(月)に延長!

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー決定! 応募〆切日は9月20日から10月1日(月)に延長!

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

今年も、沢山のご応募をお待ちしております。

11月23日(祝・金)は、東京工芸大学・中野キャンパスでお会いしましょう!

フランス高校映画祭(2018年11月10日:パリ・ポンピドーセンター)にて昨年度の最優秀作品が招待上映決定!

全米学生映画祭(2018年10月6日:ニューヨーク・タイムズスクエア・AMCシアター)にて昨年度の最優秀作品が上映決定!

「君が君で君だ」試写+トークショー
in 米子工業高等専門学校 開催報告



昨日、6月15(金)、NPO法人映画甲子園と「君が君で君だ」のタイアップ企画「試写+トークショー」が国立米子工業高等専門学校・3階合同講義室にて開催されました。 学生の皆さん、市民の方々など、総勢44名のご参加をいただきました。


この映画「君が君で君だ」は、ここでも大反響を巻き起こしました。賛否両論の中、全ての参加者の心の中に沢山の傷跡を残していったようです。
以下、試写後に書いていただいたアンケートから、いくつか感想をピックアップさせていただきます。
共感はできない愛情でしたが、異常な愛の中の純情は自分の共感出来る愛の延長線上にあるものでとても心を揺さぶられて涙が出る作品でした。(17歳・女性)

説明出来ないモヤモヤしたものが残る。けどまた観たい映画(20以上歳・男性)

すごい、としか言いようがない。言葉には言い表せないような感情が生まれた。(15歳・男性)

とにかくヤバイとしか言いようがない映画です(15歳・女性)

普通とは違う形の恋愛をしている3人でしたが、好きな人が何をしているのか知りたい!など少し共感出来る部分もあったかなと思います。とても面白い映画だなと思いました。楽しかったです!(17歳・女性)

試写会の後、行われたトークショーの講師は、松居大悟監督阿部広太郎プロデューサー渡辺尊俊宣伝プロデューサーの3名です。

松居監督からは「高校時代、漫画を目指していたこと。」「大学時代の自主製作映画での表現活動について。」「大学卒業後、演劇を続け、商業映画監督としてデビューしたエピソード。」「大学時代、同級生で友人だった阿部プロデューサーとこのように一緒に映画をつくることになるとは当時、思っていなかったこと。」「映画づくりは、いっぱい失敗もあるけど、仲間が増えていく楽しさがあること。」...
阿部プロデューサーからは、「CMづくりをしている中で自分が面白いと思ったものを、皆さんに共有され、面白いと共感してもらうことが嬉しい。」等のお話がありました。

また、質問コーナーでは、学生から、映画の内容で分からなかったことに対する質問が飛び出したり、「説明ができない感情が溢れて3回涙が出た」といった感想が聞かれました。

尚、「君が君で君だ」の劇場公開は7月7日。上映劇場及び最新情報は映画「君が君で君だ」オフィシャルサイト映画「君が君で君だ」公式Twitterよりゲットしてください。

また、NPO法人映画甲子園では、「君が君で君だ」全国高校生予告編コンテストを開催中。
作品の応募及び提出〆切は6月20日です。まだ、間に合います。皆さん、奮ってご応募ください!


米子工業高等専門学校・外観

トークショー遠景

講師陣(左から渡辺宣伝P、松居監督、阿部P)

最後は講師三人と参加者による恒例の記念撮影
PAGE TOP ▲