「全国高校生予告編コンテスト」審査員

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

自由部門の入選、佳作は、11月23日(祝・金)の表彰式において合格作品の中から発表/表彰されます。

NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」応募全作品

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー




「全国高校生予告編コンテスト」審査員

松居大悟監督
MATSUI DAIGO

1985年生まれ。福岡県出身。久留米大学附設高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。劇団ゴジゲン主宰。2012年に『アフロ田中』で長編映画初監督。その後、『スイートプールサイド』『自分の事ばかりで情けなくなるよ』など作品を発表し、『ワンダフルワールドエンド』でベルリン国際映画祭出品、『アズミ・ハルコは行方不明』は東京国際映画祭・ロッテルダム国際映画祭出品。中高生の一ヶ月間を74分ワンカットで撮った『アイスと雨音』が公開中。枠に捉われない作風は国内外から評価が高く、ミュージックビデオ制作やドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズなど活動は多岐に渡る。パーソナリティを務めるJ-WAVE「JUMP OVER」は毎週日曜23時から放送中。

阿部広太郎プロデューサー
ABE KOTARO

1986年生まれ。埼玉県出身。江戸川学園取手高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。電通コンテンツビジネス・デザイン・センター所属。 「今でしょ!」が話題になった東進ハイスクールのCM「生徒への檄文篇」の制作に携わる。 現在は、作詞や企画など、言葉の力を軸にコンテンツ開発を担う。 映画「アイスと雨音」「君が君で君だ」プロデューサー、 ドキュメンタリー番組「未知との対話」企画・プロデュース。 シンガーソングライター向井太一「FLY」共作詞。 BUKATSUDO講座「企画でメシを食っていく」主宰。 著書に、『待っていても、はじまらない。−潔く前に進め』(弘文堂)。

渡辺尊俊宣伝プロデューサー
WATANABE TAKATOSHI

1977年生まれ。ギャガ株式会社にて映画宣伝の経験を経た後、2009年ヨアケ入社。大ヒット作『桐島、部活やめるってよ』の宣伝プロデュースを手がけた後に、2014年メリーサングローバルエンタテインメント設立。東京と台湾に拠点を構え国境を越えた映画・ドラマのプロモーションプロデュースを行う。最近の映画宣伝作品は『新宿スワン』(15年/17年)、『パンとバスと2度目のハツコイ』(18年)ほか。
PAGE TOP ▲