NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 応募規定(確認) 審査員 セミナー 表彰式 WHFS eiga worldcupとは お問合せ



自由部門審査員に、俳優の中野裕太さん、女優の川島海荷さんの就任が決定!


今年度のNPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2016」の自由部門に第二次審査では、男子演技部門審査員を中野裕太(なかのゆうた)さん、女子演技部門審査員を川島海荷(かわしまうみか)さんが担当することになりました。

お二人は、自由部門応募作品の中でも第一次審査を通過し、さらに入選に選ばれた全作品をじっくりと観て、それぞれの作品に対してコメントを書き、中野裕太さんが男子演技賞各賞を、川島海荷さん女子演技賞各賞を選定いたします。そして、勿論、最優秀作品賞、優秀作品賞の選定にも参加いたします。

現時点で決定している審査員に関してはコチラより詳細をご覧ください。
皆さまからの作品応募を心よりお待ちしております。


中野裕太 (俳優)
NAKANO YUTA


1985年10月9日生まれ。

演技を、現在に至るまで数年間にわたり今井純氏、松本永実子氏(JOKO演劇学校教務主任)に師事、 歌唱を青木Fuki氏、笹森壮大氏に師事、 クラシックバレエ・コンテンポラリーダンスを 峰本春菜氏に師事。
映画「ツレがうつになりまして。」、「遠くでずっとそばにいる」、ドラマ「なぞの転校生」(TX)など多数の作品に出演。2012年秋には舞台「レンタル彼女」で舞台初主演。
2015年にはドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(TBS)、「探偵の探偵」(CX)、映画「新宿スワン」などに出演。
初主演映画「もうしません!」も同年公開。2016年には映画「新宿スワン2」ドラマ「家売るオンナ」(NTV)に続き「脚本家と女刑事」(YTV)ではドラマ初主演を果たし、日本人離れした演技力に注目を集めている。
2016年、主演をつとめる日台合作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。!」(通称:ママダメ)が、日本、台湾、香港にて公開予定。


川島海荷 (女優)
KAWASHIMA UMIKA


1994年埼玉県新座市出身。

レプロエンタテインメント所属。明治大学文学部卒業。
2006年にドラマ「誰よりもママを愛す」(TBS)で女優デビュー。
以降、ドラマ「ブラッディ・マンデイ」(TBS)、「怪物くん」(NTV)、「ぴんとこな」(TBS)、「花燃ゆ」(NHK大河)、映画「私の優しくない先輩」、「星守る犬」を始め、数々の作品に出演。
その傍ら、2007〜2016年までガールズユニット「9nine」のメンバーとしても活躍。
今年の10月より、日本テレビ系情報番組『ZIP!』の総合司会に就任。






PAGE TOP ▲