NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 募集要項 審査員(随時追加) セミナー 表彰式 WHFS(準備中) eiga worldcupとは お問合せ



「ぐんま学生映像まつり2017」報告


 3月20日(月)に、群馬県前橋市の群馬会館にて、「ぐんま学生映像まつり2017」が開催され、NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2016」において、最優秀企画賞、最優秀編集賞、最優秀撮影賞の3賞を受賞した国府台女子学院・映画部×演劇部が制作した「アドレッセンス」が招待上映されました。
 その後、東京学生映画祭グランプリ作品「お姉ちゃんは鯨」、群馬県内の学生映画として、「楽しんだもの勝ち!」(前橋女子高校)、「逃げる」(高崎高校通信制)、「私たちの学校生活」(渋川青翠高校)5作品、「シン・ブソウセイトカイ」(伊勢崎高校)、「辛く苦しい時こそ心に笑顔」(県立聾学校)、「南牧産小麦ができるまで」(群馬医療福祉大学)、「叫び続ける雨」(高崎経済大学)、「case■」(高崎経済大学)、「林檎と檸檬」(高崎経済大学)等、個性的な作品が上映されました。
 また、作品上映後、アミューズ映画制作部プロデューサー・筒井竜平氏からの作品講評がありました。


会場となった群馬会館。昭和5年に建設された洋風建築。

ドアノブも、お洒落な「飛び鶴の丸」。

「アドレッセンス」上映前に流れた国府台女子学院からのビデオメッセージ。

「アドレッセンス」上映開始。

作品上映後、それぞれの作品の制作者が一言コメント。

伊勢崎高校の栗原君もマイクを握りました。(司会はせきあっしさんと手島実優さん)

アミューズの映画プロデューサー・筒井竜平氏による作品講評。

上映会後、別部屋にて懇親会が開かれました。

PAGE TOP ▲