全米学生映画祭(AAHSFF2017)報告 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 応募規定(確認) 審査員 セミナー 表彰式 WHFS eiga worldcupとは お問合せ



全米学生映画祭(AAHSFF2017)報告


去る、10月8日、ニューヨークにおいて全米学生映画祭(AAHSFF2017)が開催されました。

NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2015」において最優秀作品賞を受賞した「君が笑ってくれるなら」(英題:All for your smile)」(埼玉県立芸術総合高等学校・映像芸術科 監督:神山大世さん)が上映されたのは、現地時間10月8日16時頃。上映会場は、タイムズスクエアのAMC25シアターでした。

上映後には、その場にいた神山さんに、拍手が起き、握手を求められるシーンもありました。また、日本人向けの地元紙からも取材を受けました。

その後、引き続いて、20時ごろより、ブルックリンのキングスシアターにて表彰式が行われ、ドレスアップした現地の若手作家とともにブルーカーペットの上で記念撮影も行われました。
表彰式では、インターナショナル部門ノミネートが発表され、「君が笑ってくれるなら」のタイトルも読み上げられましたが、惜しくも、受賞は逃しました。

ただし、今回の全米学生映画祭でも上映/ノミネートは、日本の高校生の作品が、世界各国の作品と肩を並べた瞬間と言えるでしょう。

尚、神山さん自身の体験レポートは後日、本サイトにて公表されます。皆さん、お楽しみに。




全米学生映画祭インターナショナル部門ノミネート作品メドレー



上映会場となったAMC25シアター

上映会場における神山さん

表彰式会場となったキングスシアター前の神山さん

表彰式会場内

表彰式のスクリーン

ノミネート発表の瞬間
PAGE TOP ▲