演技審査員からのコメント送信 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

応募開始は8月1日(水)。9月20日(木)まで。

審査員も続々決定!

今年は、東京工芸大学・中野キャンパスでお会いしましょう!

フランス高校映画祭(2018年秋:パリ・ポンピドーセンター)にてeiga worldcup優秀作品招待上映予定

昨年のフランス高校映画祭での招待上映作品は「妄想したってイイじゃない!」(米子高専)

自由部門第一次演技審査員からのコメント
 本日、自由部門第一次演技審査員(篠本賢一氏と川口典成氏)からのコメントを末尾に追加した自由部門第一次審査員コメントが記されたサイトページのURLを、作品制作代表者と、顧問の先生(メールアドレスが記されてた場合)へ、送信いたしました。

 このサイトページのURLは、以前に個別作品毎にお送りした自由部門第一次審査員のコメントページと同じアドレスになります。

 自動送信をするため、「迷惑メールフォルダ」にメールが入ってしまう可能性がございます。万が一、本日が終わっても届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」にメールが入っていないかどうかをご確認の上、コチラまでご連絡をください。

 尚、今回、第一次演技審査チームに入っていただいた川口典成氏(演出家)のプロフィールは以下です。

 ピーチャム・カンパニー代表。1984年、広島県生まれ。東京大学思想文化学科宗教学宗教史学専修課程、卒業。同大学院宗教学宗教史学、修了。現在ピーチャム・カンパニーは、日本演劇における言語と政治・権力のあり方を見つめ直すため、演劇上演を無期限に休止。川口個人として演劇実験場であるドナルカ・パッカーンを立ち上げ、日本における演劇と戦争の蜜月にあった「歓び」を批判的に探求している。

※コメントの内容に関するご質問もお問い合わせフォームからお願いします。何でも聞いてください!
PAGE TOP ▲