第11回フランス高校映画祭にて米子高専の2作品が上映されました。

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

自由部門の入選、佳作は、11月23日(祝・金)の表彰式において合格作品の中から発表/表彰されます。

NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」応募全作品

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー



第11回フランス高校映画祭にて米子高専の2作品が上映されました。


 去る11月10日(土)にフランス・パリ・ポンピドゥーセンターにて、第11回フランス高校映画祭(Festival CineLycee)が開催され、「eiga worlcup2016」の最優秀作品賞受賞作品の「妄想したってイイじゃない!(仏題:Mes illusions)」(米子工業専門学校放送部)が大会のオープニングに、「eiga worlcup2017」の最優秀作品賞受賞作品の「夢見る乙女のcontinue(仏題:Continue)」(米子工業専門学校放送部)が大会のエンディングにそれぞれ上映され、会場に集まった多くの高校生、関係者から絶賛されました。
 口々に「わかりやすかった」「女子高校生の悩みや表情が新鮮だった。」「ユーモアのセンスがある。」「感情を細かくフォロー出来ていた」などとの感想が聞かれたとのことです。

  また、同大会では、NPO法人映画甲子園パリ特派員の市川敏秀氏が審査員も務め、11月23日に行われる「高校生のためのeiga worldcup2018」の表彰式後に上映する予定の「鎖でつながれた関係(仏題:Enchaines)が審査員賞を受賞しました。

尚、先日の記事でもお知らせしましたように、この作品を作った高校生達が11月23日の表彰式に参加いたします。


審査員としてステージに立つ市川氏
(画像はFestival CineLyceeより)

審査員賞を受賞してスピーチをするラスパイル校学生
(画像はFestival CineLyceeより)

来日するラスパイル校メンバー
(一番左がバロー教諭)

妄想したってイイじゃない!(仏題:Mes illusions)
米子工業専門学校放送部

夢見る乙女のcontinue(仏題:Continue)
米子工業専門学校放送部

鎖でつながれた関係(仏題:Enchaines)
パリ・ラスパイル校
PAGE TOP ▲