奥田誠治氏 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 応募規定(確認) 審査員 セミナー 表彰式 WHFS eiga worldcupとは お問合せ



奥田誠治氏が自由部門第二次審査員(企画担当)に決定!



奥田誠治氏のプロフィール

松竹(株)映像企画部エグゼクティブプロデューサー

都立北園高校から明大卒業後、1980年、日本テレビに入社。入社6年目に映画部に異動。映画事業プロデユーサー、日本テレラボ ゼネラル・プロデューサーを経て、現在、松竹(株)映像企画部エグゼクティブプロデューサー。

『風の谷のナウシカ』放送が縁で宮崎駿監督らと知り合い、『魔女の宅急便』(1989)から『思い出のマーニー』(2014)まで全てのジブリ作品に製作担当として参加。
主なプロデュース作品は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(2005〜)、『DEATH NOTE 前・後編』(2006)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(2007)、『20世紀少年』シリーズ(2008、2009)、『太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男』(2011)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『藁の楯』(2013)、『謝罪の王様』(2013)、『さらばあぶない刑事』(2016)、『ルドルフとイッパイアッテナ』(2016)など。映画事業時代手がけた作品として『デスノート Light up the NEW world』(2016/10/29公開)、『海賊とよばれた男』(2016/12/10公開)。第25回藤本賞特別賞ほか受賞。
「デスノート Light up the NEW world」の予告編
「海賊とよばれた男」の予告編

以下は昨年の「eiga worldcup2016」における奥田誠治氏
「eiga worldcup2017」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲