佐藤佐吉氏 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2018

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

自由部門の入選、佳作は、11月23日(祝・金)の表彰式において合格作品の中から発表/表彰されます。

NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」応募全作品

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー



佐藤佐吉氏 自由部門第二次審査員(脚本担当)



佐藤佐吉氏のプロフィール


脚本家/映画監督/俳優

1964年生まれ、大阪府出身。

大学卒業後、キネマ旬報社及び西友映画事業部に所属し、サンダンス国際映画祭in東京を企画するなど映像作家発掘に尽力する一方で自身も創作活動を開始。
1999年犬童一心監督『金髪の草原』(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ)にて脚本家デビュー。脚本として『オー!マイキー』『殺し屋1』『極道恐怖大劇場 牛頭』(ブリュッセル国際映画祭最優秀脚本賞)、監督として浅野忠信、哀川翔主演『東京ゾンビ』、満島ひかり主演『シリーズ江戸川乱歩短編集』、池松壮亮主演『シリーズ横溝正史短編集』、坂本龍一プロデュース『にほんのうた 春の小川』(オーバーハウゼン国際短編映画祭審査員特別賞)など多くの作品を手がける。
また役者としても『キル・ビル』『破門 二人のヤクビョーガミ』『バイプレイヤーズ』などの映像作品にも出演。最新脚本作品は2019年3月公開『麻雀放浪記2020』(監督:白石和彌 主演:斎藤工)、最新監督作品は主演 満島ひかり・宮藤官九郎 シリーズ江戸川乱歩『お勢登場』(12月30日BSプレミアム放送)。

尚、脚本を担当したオリジナルビデオ「極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU」(2003年/監督:三池崇史)が第56回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品されている。

「殺し屋1」の予告編
「にほんのうた 春の小川」の予告編
以下は「eiga worldcup2018」における佐藤佐吉氏
「eiga worldcup2018」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲