篠本賢一氏 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 応募規定(確認) 審査員 セミナー 表彰式 WHFS eiga worldcupとは お問合せ



篠本賢一氏が自由部門第一次審査・演技審査チームリーダーに決定!



篠本賢一氏のプロフィール

俳優・演出家

1961年、東京生まれ。

1988年に遊戯空間を旗揚げ。1991年より故観世榮夫に師事、17年間能のメソードを学び、古典芸能を 視野に据えた現代劇創作を続けている。
俳優としても、木下順二作『子午線の祀り』などに参加、2001年ソウルで近松門左衛門『曾根崎心中』の「徳兵衛」を演じた。現代詩とのコラボレー ション「詩×劇」で福島在住の詩人和合亮一の詩をテキストにした舞台も数多く手がけている。また、シニア演劇の指導も10年以上行っている。現在、日本演出者協会会員、杉並演劇祭審査委員などの任につく。
主な演出作品:三島由紀夫『近代能楽集』、泉鏡花『草迷宮』『夜叉ヶ池』『天守物語』『眉かくしの霊』『全段通し仮名手本忠臣蔵』『室内 オペラ夕日の耳』など。最新出演作品は世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演『子午線の祀り』。

「eiga worldcup2014」「eiga worldcup2015」における篠本賢一氏
「eiga worldcup2017」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲