NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2017

TOP 募集要項 審査員(随時追加) セミナー 表彰式 WHFS(準備中) eiga worldcupとは お問合せ



高校生のためのeiga worldcup2017 審査員

審査員は決まり次第、随時、追加してまいります。尚、掲載は五十音順、敬称略とさせていただきます。  


自由部門第一次審査員

森岡道夫   (映画プロデューサー)
MORIOKA MICHIO

1953年東宝入社、管理部門を経て1968年企画製作部に移り、劇場映画の製作に従事する。

1980年よりフリーとなり、劇場用アニメ、テレビドラマ、ドキュメンタリー番組、博覧会用展示映像の製作を手掛ける。
主な作品は『父ちゃんのポーが聞こえる』『華麗なる一族』『吾輩は猫である』『ブルークリスマス』『転校生』『海峡』『菩提樹の丘』『さびしんぼう』『いのちの海』等。
この間(社)日本映画テレビプロデューサー協会理事・事務局長(1977年〜1989年)、東京国際映画祭作品選定担当(1987年〜2013年)の他、映倫管理委員会青少年映画審議委員、日本芸術文化振興基金劇映画専門委員を歴任した。

「さびしんぼう」の予告編
「ブルークリスマス」の予告編

自由部門第二次審査員

稲垣尚夫   (美術監督/日本映画大学客員教授)
INAGAKI HISAO

1956年生まれ。東放学園卒業。75年より鳥居塚誠一氏に師事する。

カンヌ映画祭パルムドール賞受賞の今村昌平監督作品『楢山節考』(1983)の美術を担当し、以降、ほとんどの今村作品を手掛け、『黒い雨』(1989)で日本アカデミー賞優秀美術賞受賞、毎日映画コンクール美術賞、日本映画テレビ技術協会美術賞を、『うなぎ』(1997)『カンゾー先生』(1998)でも日本アカデミー賞優秀美術賞受賞。その他、今村監督作品以外でも多くの作品を手がけており、各映画祭の受賞経験も数多く持つ。
近作は、『トリック劇場版 ラストステージ』(2013)、『飛べ!ダコタ』(2013)、『地獄でなぜ悪い』(2013)、『悼む人』(2015)。

「地獄でなぜ悪い」の予告編
「悼む人」の予告編

地域部門審査員

会田和子   (認定特定非営利活動法人地域産業おこしの会・理事長)
AIDA KAZUKO

明治大学経営学大学院博士前期課程修了。
出版社勤務、ニューメディア研究所設立・研究所長、大学専門講師等を経て、1993年旧地域公団研究コンソーシアム「いわきニュータウン業務施設企業誘致検討会」、いわきテレワークセンター設立プロジェクトに参画。1994年設立と同時に代表取締役に就任、現在に至る。(1997年東京よりUターン)。いわき総合高校評議員として学校教育の中に演劇、芸術等の教育を通じた人材育成を提言している。
地域産業おこしに燃える人(総理大臣表彰2003年9月17日)、社団法人日本テレワーク協会理事(2001年〜)・副会長(2008年〜)、特認法人地域産業おこしの会理事長(2012年6月就任)、地域情報化アドバイザー(総務大臣2009年就任) 、首相官邸 輝く女性応援会議リーダー(2014年4月就任)、いわき総合高校学校評議員/会津短期大学(キャリア開発論)他、福島県女性経営者プラザ会員(交流広報委員)、情報プロボノ・プラットフォーム会員(副代表幹事)
谷原加奈   (株式会社いわきテレワークセンター・事業企画エキスパート)
TANIHARA KANA

東京都練馬区出身。

日本大学芸術学部音楽学科卒業。総合相談サービス・コンサルティング会社、法律事務所勤務を経て、鰍「わきテレワークセンター入社。人財教育・育成、組織のマネジメント、業務開発・品質管理等に従事し、現在はテレワークの普及啓発を進めている。
三浦拓馬   (認定特定非営利活動法人地域産業おこしの会・事務局長代行)
MIURA TAKUMA

1951年、横浜市生まれ。

株式会社いわきテレワークセンター東京オフィス統括ディレクター。
新聞社勤務後、わが国のQC、ZDを研究し、改善ファシリテーターとして主に企業の改善活動に従事。その間、マーケティングの世界で、メディアの波及効果について研究。CATV調査、ニューメディアの普及調査にかかわる。地域から発信する新しいメディアの研究に従事している。

ダンスミュージック部門審査員


高校生のためのeiga worldcup2016の審査員
高校生のためのeiga worldcup2015の審査員
高校生のためのeiga worldcup2014の審査員


PAGE TOP ▲